2017年も、例年より気温が高く、猛暑日が続くことが予想されているようです。

熱い夏で気を付けなければならないのが熱中症。

熱中症にならないために、上手に汗をかくための方法をまとめてみました。

汗と熱中症の関係

熱中症は、

1、環境:気温や湿度が高いなど

2、からだ:高齢、幼齢、体調が悪いなど

3、行動:長時間の屋外活動、過度の運動

等の要因によって、上手に体温調節ができず、体内温度が上昇することによって起こるとされています。

(熱中症の詳しい解説はこちら→ 熱中症の予防方法と対処方法 「環境省熱中症予防情報サイト」)

 

つまり、体温を逃がしやすい汗をかくことで、体内温度を上手に調整することが

熱中症予防に効果的といえるわけですね。

参考にさせていただいた

日経WOMAN ONLINE 熱中症の予防、実は水を飲むだけじゃダメ!「正しい汗」がポイント

によると、

全身からじんわりかく小粒の汗が蒸発しやすく、体温を下げやすい

そうです。

そういう汗をかけるようになるためには、

1、冷たい飲み物などで体を冷やさないこと。

2、適度な運動を習慣にすること。

3、お風呂はシャワーで済ませずにぬるめの湯にゆっくり浸かる事。

 

が必要とのことです。

特にこの時期はエアコンによって体が冷えてしまい、汗腺が弱っていることがあります。

汗腺のトレーニングを心がけて、熱い夏を上手に乗り切りましょう!

もし、それでも調整が悪くなってしまった場合は、

こちらのページを参考にしてください。 → 熱中症の対処方法(応急処置)「環境省熱中症予防情報サイト」