1日の水分出納

大塚製薬株式会社さんのポカリスウェットのページに、

体内で起こる一日の水分の出納表がありました。

http://pocarisweat.jp/hydration/sweat-role/

吸収される水分量(収入) 排出される水分量(支出)
 食物 1.0L 尿 1.5L
飲料水 1.2L 大便 0.1L
体内で作られる
代謝水 0.3L
皮膚から呼気などで
失われる水分 0.9L
合計 2.5L 合計 2.5L

非常に優れたバランスシートですね。

一日の必要水分量

これによると、飲料水は一日に1~1.5Lを目安に取るのが良いようです。

もちろん、運動したり、炎天下で長時間作業した場合などはこれに限りません。

これからの季節は気温もさることながら、エアコンでドライ機能を使用するなど、

知らず知らずの間に水分が失われていることが多くあります。

積極的な水分補給を。

一般的には、のどの渇きを感じたら脱水症状の始まりといわれます。

積極的に水分を補給して下さい。

特に、お年寄りと子どもには注意が必要です。

お年寄りは一般的に喉の渇きを感じにくくなっていますし、

子どもは大人よりも、体重に対して多めの水が必要といわれます。(なにより、遊びに夢中でのどの渇きを忘れています。)

気づかないまま熱中症・・・なんてこともあり得ますので、

積極的な水分補給を促してください。

おススメの水分のとり方

面倒臭いから、一日の水分を一気に取ってしまおう・・・これは絶対にやめてください。

利尿作用量を超えるスピードで水分を摂取してしまうと、

体内の水分割合が崩れて「水中毒」になり、最悪の場合死んでしまうこともあります。

また、冷たい水を飲み過ぎるのも注意です。体を冷やす原因となります。

できれば常温の水を100ml~200mlずつ、のどの渇きを感じる前に摂取してください。

 

夏になる前に、今一度ご自分の水分のとり方を見直してみてください。