炎天下で駐車した車が暑い!! そんな時はどうすればいい?

梅雨も終わりに近づいて、夏本番はすぐそこですね。

夏になると、気を付けないといけないのが炎天下に駐車した車の室温です。

黒い色の車などは、駐車していると室温が50℃を軽く超えてしまいます。

そんな車の中で運転すると、尋常ではない量の汗が出てきてしまう・・・・と想像することは難しくないですね。

汗で手がすべったり、額の汗が目に入ったり・・・事故にならないように気を付けないと・・・。

少しでも早く室温を下げなければいけませんね。

じゃぁ、どうすればいいの?

そんな実験をした結果がJAFさんにありましたので、ご紹介いたします。

出典:JAF ”夏の駐車時、車内温度を最も早く下げる方法は?

炎天下で放置した普通自動車に対して、ちまたで早く室温が早く下がるといわれている、

5つ方法で、どれが一番下がるのかを検証しています。

もちろん、室温条件はすべて同じ。同じ車を用意し、炎天下で室内温度が55℃になった状態で同時に対策を実施、

どんな温度変化が起こるかを測定しています。

実験

①ドア開閉

エアコンは使わず、助手席の窓だけを開け、運転席のドアを5回開閉して車内の熱気を逃し、温度変化を測定

 

②冷却スプレー

エアコンは使わず、冷却スプレーをシートに10秒ほど吹きかけ、3分間の温度変化を測定

③エアコン「外気導入」

窓は開けず、車のエアコン(オート)を外気導入、温度設定はLo(最低)にし、10分間の温度変化を測定

④エアコン「内気循環」

窓は開けず、車のエアコン(オート)を内気循環、温度設定はLo(最低)にし、10分間の温度変化を測定

⑤エアコン+走行

窓を全開にし、 車のエアコン(オート)を外気導入、温度設定はLo(最低)にして走行。2分後に窓を閉め、エアコンを内気循環にして3分間走行し、温度変化を測定

 

皆さんはどれが一番下がると思いますか?

 

結果

⑤エアコン+走行 が一番室温が下がる  

でした。

この方法を覚えておけば、少しでも快適・安全に車を運転できそうです。

荷物の積み下ろし、子どもがいてなかなか走り出せない・・・・なんて場合には、

①のドア開閉と合わせて行ってもよさそうですね。

是非、参考にしてください。

ただし、この方法で室温は下がりますが、ダッシュボードや金具類は熱いままの場合もありますので、十分ご注意ください。

出典:JAF ”夏の駐車時、車内温度を最も早く下げる方法は?

Follow me!

S-CREATE Onlineshop

汗対策商品・滑り止め専門通販 エス・クリエイト オンラインショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください