水を飲まなかったらどうなるのか、わかりやすい動画がありましたのでご紹介します。
汗を気にする方には、「汗がでるから水を取らない」という方がいらっしゃいますが、適正水分量を取ることがどれだけ重要かを教えてくれる動画です。
(別途ご説明しますが、多汗症は水分の取りすぎで起こる症状ではないというのが通説です。)

 
英語ですので、簡単に概略をご紹介します。

・人間の体の水分量

-平均して55~60%が水分でできている
-生まれたての赤ん坊の場合は75%が水分で構成されていますが、1歳を迎える頃には、体内に含まれる水分が65%ほどに減少する

・水が体内で担う役割

-関節を保護する役割
-体温調節機能
-脳と脊髄の成長を助ける役割

・なぜ毎日水を飲む必要があるのか?

-人間は毎日、2~3リットルの水分を、汗や尿、呼気から失ってるから
-その失った水分を、毎日こまめに補給して、体内の水分量を一定に保つ必要があるため

・水分が不足すると?

-健康に大きな被害が及ぶ可能性がある
-元気がなくなったり、気分が悪くなったり、肌の乾燥、血圧低下、思考力の低下などの悪影響が起こる
-脳が水分不足になると、一時的に脳の大きさが縮むことがある

・水分を取りすぎると?

-低ナトリウム血症を起こす
-アスリートは、低ナトリウム血症になりやすいと言われている
-抗利尿ホルモンの量が極端に減ることで、血液中に含まれるナトリウムイオンが水で薄まり細胞が水で膨張する
-つまり、腎臓で血液をろ過して老廃物を尿として排出する働きが制御できなくなり、水中毒になってしまうこともある
-それにより頭痛、吐き気、呼吸困難などが起こり、最悪の場合は死に至ることもある

・水分の適正量は?

-1日にコップ8杯分の水を飲むといい、というのが通説だが、
-体重や生活環境に合わせて摂取する水の量を調整するべき
-目安:男性は1日に2.5~3.7リットル、女性は2~2.7リットル
-水を飲むがベストですが、紅茶やコーヒーなど他の飲料でもOK
-飲む以外にも、食事に含まれる水分で、1日の水分の摂取量の5分の1をまかなうことができる