汗とは少しテーマが異なりますが、汗が密接に関係するニオイについての記事が産経ニュースさんにありましたので、シェアさせていただきました。

【オフィスでの身だしなみとニオイに関する意識調査】 職場の身だしなみで「どうにかして欲しいこと」1位は体臭

【夫へのケア意識に関する調査】夫の出世をサポートする良妻はニオイケアに積極的

出典「産経ニュース

どちらの記事も、制汗剤で有名なマンダムさんが調査したデータに基づいています。

臭い

男性の3大体臭とされる「汗臭」「ミドル脂臭」「加齢臭」ですが、

「汗臭」については、以前もお話ししました。

「汗」と「菌」と「皮脂」が合わさったところに臭いが出ます。

ですのでその状態を作らないことがベストですね。

対策としては

1、汗をかいたらシャワーで軽く流す
2、汗をかいたら着替える
3、濡れたタオルで軽くおさえるように汗をふき取る

これらをすることで、かなりな汗臭を抑えることができます。

 

ここで、汗臭に関して勘違いしている方が多い点を一つご紹介します。

「汗で臭うから石鹸をたっぷりつけて強くゴシゴシ洗うといい」は間違いです。
余計に臭いが出るようになります。

え?
と思う方も多いと思いますが、何度も言います。
臭いは「汗」×「皮脂」×「菌」です。

石鹸を使いすぎると、石鹸が残るので、臭いの元となります。
強くゴシゴシ洗うと、肌が荒れて皮がめくれて臭いの元となります。
石鹸で必要な油分がなくなり、乾燥肌の状態になります。これを補おうと肌が油を多く出します。

だから、余計に臭うようになります。

石鹸は少量をしっかり泡立てて、優しく洗ってください。汚れは十分に落ちています。

 

厄介なのは、自分では気づきにくい「ミドル脂臭」と「加齢臭」ですね。

これらについては、メンズスキンケア大学さんの体臭対策のページに詳しく出ています。

1、気づくための環境 (臭いについて意見してくれる方の存在)
2、食べるものの改善
3、運動・睡眠
4、石鹸、シャンプーの見直し

等が有効なようです。

ミドル脂臭について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

加齢臭について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

ご参考にしてください。