服と煙突と気候 ~夏を快適に過ごす方法:衣服気候の調整~

衣服内気候の調整

煙突気候、一見全く関係なさそうなモノが並んでいます。

昔、「部屋とワイシャツと私」という歌がありましたが、それ以上に関係性が見えてきません。

でも実はこの3つ、夏を快適に過ごすために重要な意味を持っているんです。

一部の部族の方を除き、地球上のほとんどの人間は服を着ていますね。

普通、「気候」と聞くと天気予報で聞く気温や湿度等のことを思い浮かべますが、

実際我々が触れている気候の半分以上は、「服の中にある気候」であることに

気づいている人はほとんどいません。

衣服気候とは?

服の中にある気候のことを「衣服気候」といいます。

これは体と衣服との間にできる微妙な空間の気候を指す言葉です。

この気候を調整してあげることが、快適に過ごすキーワードなわけです。

じゃあ、どの程度に調整すればいいんでしょうか?

次の図をご覧ください。

最も快適な気候とは?

この図によると、人が裸体で快適と感じる温度は28℃~32℃です。

この温度はは中性温度域と呼ばれています。

もっと詳しくいうと、

皮膚に接した胴体の最内空気層の温度が32℃±1℃、相対湿度が50±10%、気流10㎝/sec

が最も人にとって快適であるといわれています。

煙突効果とは?

でも、最近猛暑続きで、平気で35℃超えていくよね?

外なんか歩く時どうすればいいのよ?

そんなときのために覚えておいて欲しいのが、「煙突効果」です。

簡単に言うと、「服の中に気流を起こす」のです。

詳しい煙突効果はここでは省かせていただきますが、

熱い空気が服の中にあるときに、下から上に向かって風が流れる効果です。

 煙突効果 ウィキペディア )

この効果を利用して、服の中に風を流して、

かいた汗が蒸発→気化させて体温を下げてあげるのがいいのではないでしょうか。

どんな服が涼しいの?

それでは、どんな服が涼しいと感じやすいのでしょうか?

煙突効果を起こしやすい服は、足元が広がっていて、首元が開いたタイプの服です。

ウエスト部分も開いてある必要がありますね。

女性・男性でそれぞれ書いてみますと、

・女性にとって涼しい服

女性の場合はワンピースがおすすめです。

空気の流れを作る関係から、ウエストがゆったりしていて、首回りは空いたタイプがいいでしょう。

また、最近はやっているようですが、

大きなベルトなどでつくるウェストマークは、空気の流れを阻害しますので

作らない方が賢明といえます。残念ですが。

・男性にとって涼しい服

男性は、ウェストを締めないファッションがほとんどありません。

ですので、こんなタイプはいかがでしょうか?

ハーフパンツ + サスペンダー(ズボン吊) + アロハシャツ

です。

できるだけゆったりした、裾が広めのハーフパンツを

サスペンダー(シャツ内部)で吊ってウェストをできるだけ締めないようにします。

上半身も、ゆったりしたアロハシャツなどで

首元をゆったりさせて空気の流れを作りましょう。

もちろん、通常の仕事でこんな格好が容認される可能性は低いわけですが、

ワイシャツの首元を開けたり、ベルトをゆったりさせてあげてたりするだけで、

少し涼しくなるようです。

ただ、夏は日差しが強いときもあります。開けすぎで日焼けしてしまうと

余計に暑い・・・なんてこともありますので、日よけ対策は忘れないでくださいね。

 

参考文献:「衣服と健康の科学」日本家政学会被服衛生学部会 編 平成15年2月28日 丸善株式会社発行 p.4

 

 

 

 

Follow me!

S-CREATE Onlineshop

汗対策商品・滑り止め専門通販 エス・クリエイト オンラインショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください