汗で感情は伝わるのか??(セクシーフェロモンの存在)

魅力的な異性を見ると、「フェロモンがむんむん出てる」などと言ったりします。

誰しも気になるその存在ですが、東京大学大学院脳科学者の池谷裕二准教授著「脳には妙なくせがある」(扶桑社)に興味深い行(くだり)がありましたのでご紹介します。

nounihamyou

まず、本当にフェロモンは存在するのでしょうか?
フェロモンの存在は、シカゴ大学のマクリントック博士らが寮に共同生活をする女子生徒の月経周期がそろう」という現象からその存在を予言したといわれます。
一般的にフェロモンは、脇の下に多く存在するアポクリン汗腺から出る汗に含まれる「アンドロスタジエノン」という物質だといわれていますが、その存在はほぼ確定されているもののまだ完全な結論が出たわけではないようです。

では、フェロモンは、どうやって感じるのでしょうか?(フェロモンがある前提でお話しします。)

皆さんがまず、疑うのが臭いだと思います。
汗のにおいを人間は区別できるのか?という実験結果をご紹介したいと思います。

まず、試験前の不安な汗と、健康的なスポーツの汗を集めて、どちらがどちらなのかを識別させた場合の正答率は51%だったそうです。
また、男性が、教育番組のビデオを見た後の汗と、いわゆるアダルトビデオを見た後の汗とを女性に嗅いでもらったところ、女性にとってどちらが特に好ましいということはなかったそうです。
実際、アポクリン汗腺から出る汗に含まれる「アンドロスタジエノン」という物質は無臭らしいので、当然の結果かもしれませんね。

じゃぁ、区別できないんじゃないの?といいたいところですが、決定的に違うところがあったんです。
活性化する脳の部位に大きな違いが出たそうです。

不安な汗の実験の際、臭いを嗅いだ人の脳の、「島皮質(とうひしつ)」という部位が活発化し、アダルトビデオを見た汗は、「眼窩前頭野(がんかぜんとうや)」や「紡錘状回(ぼうすいじょうかい)」「視床下部(ししょうかぶ)」という部位が活発化したそうです。

nou

つまり、「汗で感情はつたわる」、「フェロモンは脳で区別できる」ということができるということですね。

ただ、不安なのを強がってたり、何かいやらしい事を考えているのがばれてる・・・と思うとちょっと恥ずかしい気分ですね。(-_-;)

 

 参考文献:池谷裕二著(2012) 『脳には妙なクセがある』 株式会社扶桑社

Follow me!

S-CREATE Onlineshop

汗対策商品・滑り止め専門通販 エス・クリエイト オンラインショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください